お役立ち情報

【珈琲きゃろっと流】美味しいコーヒーの淹れ方(基本・応用編)

【珈琲きゃろっと】美味しいコーヒーの淹れ方
珈琲きゃろっと流の美味しいコーヒーの淹れ方は、通常とは異なる点があります。
ここでは、珈琲きゃろっと流の淹れ方を基本編と応用編に分けてご紹介します。
決して難しいことはありませんので、是非チャレンジしてみてください。

『珈琲きゃろっと流』美味しく淹れる方法(基本編)

《2カップ分:300cc 使用粉量20g》

  1. ペーパーの準備、粉を入れる
  2. 底と側面、2箇所の綴じ目部分を片方が山折りなら、もう片方は谷折りとなるよう互い違いに折り、ドリッパーにセットします。
    そこにコーヒーの粉を入れ、軽くフィルターを揺すって粉を平らにします。

  3. お湯を注ぐ
  4. 美味しいコーヒーを淹れるためには、熱湯は避けるようにしましょう。
    そこで、まずはお湯の温度を調節します。
    ポットからサーバーへ、一旦全てのお湯を注ぎ、それを再度ポットへ戻します。
    この作業を行うことでお湯の温度が適温である約90℃にできます。

    【一投目のお湯を注ぐ】
    粉全体にお湯が行き渡るようにお湯を注ぎ、約30秒間蒸らします。

    【二投目のお湯を注ぐ】
    2投目は、中心から外側に向かって「の」の字を描くように注ぎ、また中心に向かって戻ります。
    膨らんだ粉の形を壊さないように、優しく注ぐのがポイントです。

    ここまでで、コーヒーの成分のほとんどが抽出され、雑味のない高濃度なコーヒーとなっています。
    そして雑味やエグミ成分が出てしまわないように、2カップ分の約半分(1カップ分)のお湯を入れたところでドリッパーを外します。
    ここが通常の淹れ方と大きく異なる部分となります。
  5. 濃度を調整する
  6. 最後に、通常と同じ濃度のコーヒーにするため、目的の抽出量までお湯を入れて軽く混ぜれば完成です。

『珈琲きゃろっと流』美味しく淹れる方法(応用編)

基本編と同じく《2カップ分:300cc 使用粉量20g》の場合。

より美味しいコーヒーを淹れるために、基本編ではもう一手間加えてコーヒーを淹れます。

ペーパー・粉のセットとお湯を注ぐ一投目までは『基本編』と同じ要領で行います。

基本編と異なる部分は二投目のお湯を注ぐ方法です。

二投目でお湯を注ぐ際に、お湯を注ぐ速度とサーバーに落ちる速度がなるべく同じになるように細くゆっくりと注ぎます
(継続して細く注ぐのが難しい場合は、少量のお湯を数回に分けてゆっくり注ぐ方法でもOK。)

最後に差し湯をして完成です。
前半で高濃度のコーヒー液が抽出されているため、差し湯をしても薄いコーヒーにはなりません。

さいごに

珈琲きゃろっとの淹れ方は、基本的に通常とは異なりますが、理論に基づいたより美味しいコーヒーを淹れる方法です。
決して難しいことをしなくても家庭で美味しいコーヒーを淹れられるため、是非試してみてください。

珈琲きゃろっとの格安お試しセットは公式キャンペーンサイトまで。

yajirusi


Copyright© 珈琲きゃろっとの初回お試し , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.